香典返しのマナー/セレポート(横浜市、川崎市/横須賀市、鎌倉市)

セレポート(横浜市、川崎市/横須賀市、鎌倉市)|香典返しのマナー

  1. HOME >
  2. 葬儀、葬式 >
  3. 香典返しのマナー
香典返しのマナー

参列者にいただく香典を、品物に代えてお返しするもの、それが「香典返し」です。
「香典返しはいつまでにお返しするべきか?」「どのような品物を選ぶべきか」このように、香典返しに関するお悩みをお持ちの方は決して少なくありません。
以下にて、香典返しについて詳しくご説明いたします。

香典返しは、「忌明け法要を滞りなく終えたという報告とお礼」という意味合いがあるため、香典返しを行う時期は「忌明け法要の翌日」にお届けするのが一般的だとされています。四十九日の法要の後、2周間以内を目処としてお届けするのが良いでしょう。
一方で、香典の当日返しを行うケースも全国的に広がりを見せています。
その際は、葬儀に参列してくれた方々に対し、お礼状を付けて渡す「会葬返礼品」と一緒に渡すことになります。

また、香典返しの予算は、主に「いただいたお香典の3分の1から半額」程度とされています。
当日返しを行う場合は、およそ2500円相当の品をご用意し、その2倍である5000円以上の香典をいただいた場合は、忌明け法要の後に改めて、当日返しと合わせて香典の3分の1から半額となるよう追加の香典返しをお送りしましょう。

加えて、香典返しの品物としてふさわしいものは、主に「後に残らない食品や消耗品」とされています。迷われた場合は、カタログギフト等の中から選ばれることをおすすめいたします。

弊社では、まごころを込めて故人様をお見送りするお手伝いをさせていただきます。
神奈川県にお住まいの方を中心として、24時間365日、ご相談をお受けしております。
葬儀をお考えの方は、弊社までお気軽にご相談ください。

セレポートが提供する葬儀・葬式の基礎知識と事例

香典返しのマナー|セレポート(横浜市、川崎市/横須賀市、鎌倉市)

ページトップへ